9/18(日)WAKUWAKUスケッチ

台風の影響で青梅でも大荒れになった日曜日。

今回のご参加は、昨年からレッスンを続けていただいているメンバー3人だったので、ご自身の進歩を感じてもらうことに♪

昨年も描いている「ししとう」と「しいたけ」を含めた、秋のモチーフを構図を変えてご用意。

ご自身で好きな構図を選んでいただきました。

複数のモチーフで質感も色味も違うので、描き分けの練習にもなるし、構図どりや遠近感の練習にも。

ボールペンでのデッサンはスピードアップしているみなさん。早々に彩色に移りました。

・・・と、ここからがガマンガマンの時間なんです。

モチーフが多いと、ついついお気に入りのモチーフばかりを描き進めてしまう傾向がありますが、1色塗ったら乾燥時間と考えて、次のモチーフに移る。
つまり全体的に進めていくのがポイントなんです。

まず、モチーフを一つずつ塗りつぶしていくと、なかなか進まず気後れします。
その上水彩画の場合、同じ箇所を濡れているうちにいじりすぎると、色が乗らず、逆にハゲていき。
最悪の場合、ハゲの周りに色だまりの枠が残り、ものすごくガッカリします(笑)。

色を重ねたいなら少し乾かしてからが鉄則。

やまさんの作品。重ねたり抜いたり洗ったりの積み重ねが作った、この立体感。エリンギの左側の影もイイけど、特にいちじくがイイ♪3人の中で一番よく描けてる。
ししとうから描き始めたのでエリンギがはみ出しちゃったけど結果オーライ。大らかなひろみワールドがうらやましい限り。
ししとうのツヤ感、質感と共にバツグン。
小さい筆も使った丁寧なタッチのレミさん。エリンギのヒダと軸の質感がスバラシイ!(白い部分は紙の色なのにクリーム色がかって見える!)そして構図のバランスがとても良い。

さて、少し時間をオーバーしながらも全員が完成。

アドバイスタイムでは、新旧の作品を比較してもらいました。

昨年の作品は昨年10月頃のもの。
実物をご自身でレイアウトして、1時間半~2時間ほどで描いたのですが、なかなか色が乗せられず全体的に薄め。

それに迷いが多い=線が多いのがよくわかります。

やまさんの新旧比較。
なんとボールペンの無駄な線が多かったことか。
それぞれのモチーフのデッサンも崩れ気味。
なんといっても最新作は美味しそう!
ひろみさんの新旧比較。
この時はよく描けたとお気に入りの作品だった。
以前から大らかさを感じる構図だが、最新作に比べたらやはり追いかけ不足。
モチーフのフォルムの追いかけは以前から丁寧。
やさしいタッチに少し力強さも加わって。
それぞれのモチーフの質感がとてもイイ。

みなさん、改めてご自身の成長を実感して大喜び✨

差は歴然。わずか10か月でこの進歩。

いくら私がつきっきりでサポートしているとはいえ、昨年は現在のグレードまで持っていくことは、絶対できませんでした。

よく頑張って続けてくださったと、みなさんに感謝です✨

まだまだお伝えすることはたくさんあるので、これからもゆったり楽しく続けてまいりましょ♪

前の記事

9/7(水)WAKUWAKUスケッチ